綺麗なドライフラワーの作り方

綺麗なドライフラワーを作るには

ご訪問ありがとうございます。

ドライフラワーの人気が復活して、お花の資材屋さんでも沢山のドライフラワーをみかけるようになりました。

今、ハーバリウムも大人気なので、アレンジメントとしてでなく、ハーバリウムの花材として使われる方も多いとおもいます。

殆どの資材屋さんでは会員にならないと割引されず(会員になるには、仕事として何か証明になるのが必要です)、又ネットのお店だと少量だと送料もかかるので、お花屋さんで気になるお花をみかけたら、ご自宅でドライフラワーを作ってみるのもおすすめです。

ドライフラワーに向く花材、向かない花材もありますが、よく使われる王道のバラはドライフラワーに向いてます(^^)

綺麗なドライフラワーを作るポイント

ここでは自然乾燥について書きますが、シリカゲルを使う場合も共通して、まず、お花が一番綺麗な時に乾燥させる事。

生花として楽しんだ後にドライにする・・・というのも聞く事がありますが、(それもまたお花の楽しみ方の1つだとは思いますが)ドライフラワーを綺麗に作ることを目的とするならば、お花が一番綺麗な状態ですぐ乾燥させる です。

 

まず、お花を買ってきたら水揚げをして、お花を元気にしてから干してください。
ドライにするのに、水揚げ?と思うかもしれませんが、綺麗な状態にしてから乾燥させます。
通常、お花屋さんで購入するお花は、お花屋さんでも十分に水揚げされ綺麗な状態で販売されてますが、お家に連れてくる時間もあるので、一度お水につけて元気にしてあげてください。

ドライフラワー作り バラ

そして、なるべく短時間で乾燥させる事(ここは、一番ポイントです)

除湿機があれば、使った方がいいです。

冬場は、除湿機どころか、加湿器を使うご家庭が殆どだと思うので、できれば、加湿器を使う部屋とは別の部屋に干した方がいいです。

長時間かかり、タラタラと乾燥してると茶色く変色して腐ってしまう時もあります。
私は、納戸を乾燥部屋にし、強力除湿機をつけっぱなしで乾燥していましたが、

湿気が多くなければ、お部屋に吊るして自然乾燥でも大丈夫です。

数本づつくらい、なるべく花と花の間をあけるようにして吊るします。

バラの場合は、多くても5本づつくらいまでににするといいです。

 

ドライフラワー作り ローズ

途中で、クッタリとたれて、しおれたようになりますが、乾燥してくると、花びらが開いてきます(^.^)

 

自然乾燥の場合、色は凝縮されるので
「え、こんな色になっちゃった」
と、予想もしなかった色に仕上がる事もあり、それもまた楽しいですよ。

ラブリーエンジェル バラ

↑これは、ラブリーエンジェルという名前も色も可愛いバラです。

 

ドライフラワー バラ ラブリーエンジェル

↑乾燥すると、こうなりました。

エミーラ スプレーバラ

↑そして、これはエミーラというスプレーバラです。

ドライフラワー エミーラ スプレーバラ

↑↑とてもシックな色合いになりました。
でも、ちょっと予想とは違い、濃くなりすぎてビックリ。

お花屋さんで、気になるバラを見かけたら、
試してみるのも楽しいです。

関連記事

  1. FEJナチュラルポットアレンジ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP