ビタミンカラーのドライフラワーリース

人気復活 ドライフラワー

昨夜、たまたまついていたテレビで、
ドライフラワーが写真映えするとかで、
SNSで数多く投稿されブーム再燃と・・やっていました。

ドライフラワーの人気がまた復活したと聞いてはいましたが、
何で人気が出るかは本当にわからないものですね。

私がドライフラワーを習っていたのは、10年以上前の事。

プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーに押され、
私も事情あり、ドライは全く扱わなくなりましたが、
独特の風合いは、プリザーブドフラワーとはまた違う魅力があります。

こちらは、昔作ったドライフラワーのリースです。
オレンジのバラ、紫のリンドウはとても色鮮やかで、
それでも、ナチュラルで優しい雰囲気があります。

私が通っていたスクールでは、
バラは、先生が契約した農家さんより直接仕入れ、乾燥していました。

私も、先生と同じ除湿機を買い、
家でせっせとバラを乾燥しました。

乾燥したてのバラはとても色鮮やかで綺麗なんです。
とても「枯れた花」には見えません。

いかがでしょう。
とても鮮やかで綺麗だと思いませんか。

このバラは、アリアンナという名前で、
お教室ではよく使われていました。

アリアンナは、生花だともう少し淡い色なのですが、
ドライにすると元の色より少し濃くなります。

色がペタッと全て同じではなく、濃い箇所や薄い箇所も出て、
人工的ではないナチュラルな色合いとなり、それがまた魅力です。

こちらの黄色いバラも色鮮やかです。

ご自宅での乾燥のコツなど、
また次回、お伝えします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP